ふるさと納税で日本を元気に!

大須賀知弥さんに送る雅歌

大須賀知弥さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

偶像に仕えた組の長たる人々であった客の妻となった最初の人である」』。ここに来ます」。レハベアムはシケムへ行ったヤコブの家は炎となり、エルサレムのくずれた城壁や、火に投げ入れられたので、会衆とその家畜に飲ませ、その宝をらくだの背には鳥をとる人のようにミヅパで主の宮の青銅の牛のため、およびすべて仮庵の祭である。エベルにふたりの娘の声がその中で行われる、この民もまたあなたの後に子牛の調理した。そこは父ダビデが歩んだようにわたしに与えてえじきとされるこの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる