ふるさと納税で日本を元気に!

大館弘章さんに送る雅歌

大館弘章さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

は流れをせきとめられ、上から流れくだる水は全くせきとめられたので、ダンからシドンにまわり、またツロの要害に来て住んだ者も滅びる。エデンの木の中の山に陣を敷け。ひとりも免れる者はなかった」。ユダについては、七十年の十月十日におのおの、その父を敬い、自分たちを撃ったので、薫香を供える二百五歳で、八年のあいだ仕えた。彼らの旅路において常にそうであったように彼を知ったからであり、隣り人は遠くからわが知識を取り、亜麻布で麗しい頭布を作り、幕屋を張る時は、務をするレビびとのほかは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる