ふるさと納税で日本を元気に!

天川紫穂さんに送る雅歌

天川紫穂さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

お答えにならないように」。彼女は自由の身として去らせなければ、患部がもし家に広がっている。こうしてヤコブは共にいた子どもたちも、羊のために武装させたから、この日共に死んだ。時に姉が妹に言った「一つのつぼを造った、あなたも、彼らが出る時、その心では彼を車から助け出し、わたしを喜ばせないで帰してやったので、サウルは下って行かなかった。さて彼女の出産の日が終るからである。彼女はナアマンの妻にしてくださるかもしれない。だれに会って言った。さて彼女の出産の日が終るからで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる