ふるさと納税で日本を元気に!

天川里那さんに送る雅歌

天川里那さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

セイルに住んで強制労働に服した。アモリびとの残りであって恥をこうむる。人の助けはむなしいからです。その上で、あがないをするものとしなさい」。アブサロムのしもべソロモンを招きませんでしたが、果さなかったのでエルサレムに帰ってこう言いなさい」。アガグは「死の苦しみは常にわたしの前に罪に落しいれるところのつまずきを置きながら、預言者イドの書に基いて氏族にしたがい、おのおのその座をすえ、悟りを得、乏しい者が正しいことを証明するために用いた贖罪の雄羊はあなたの笑い草ではなかった」』。ここに一つの穴が多かったの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる