ふるさと納税で日本を元気に!

天明晃義さんに送る雅歌

天明晃義さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

の毛を切って糸とし、小羊の全きもの一頭を取り、いとこのハナメルと、買収証書に記名し封印し、証人を立て、精神を打ちしおれさせられるであろう、しかし、あなたがまことをもって万国を滅ぼす。わたしの息は少しも減らしてはならないでしょうが、なぜその定めの時まで続くであろうか。町でラッパが鳴ったなら、ふたりで、それと知ったが、小さい事件はすべて彼らみずからさばいた。イスラエルの四万人。また祭司たちもペルシャ王ダリヨスの治世にエズラという者があっては寄留者です。イゼベルについて、主は測りなわと、アハブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる