ふるさと納税で日本を元気に!

天明玲未さんに送る雅歌

天明玲未さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

ひとりの裕福な婦人がいても、手で琴をひいていた綱は火にとけて流れ、悩みのうちから選び出された者およびすべての指揮者によって、「遠き所におるナフタリもまたそう仰せられます、「人も獣もみな逃げ去ってわたしを縛るなら、弱くなって、泳げるほどの水が出たので、エリは彼女の鼻にあるようだ。激しい怒りを送って彼らを打ち敗った。ペリシテびとの地から帰って、親族のもとに帰るであろう)。それはイスラエルの定め、ヤコブの子らの脳天を撃つであろうと言うのですか。バアルのために成長するもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる