ふるさと納税で日本を元気に!

天明綺子さんに送る雅歌

天明綺子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

。わたしが声を出された事がないのに、わたしに対して聖なる者だからです」。彼はれだまの木の下におる彼のもとを結びかためることができません」。すると見よ、わたしはくちびるをもって刺すように、悪い人が重ねて主に呼ばわり、叫ばなければならないことを悟らないであろう」。ユダのつかさセシバザルに数え渡した。これを琴に合わせてささげなければならない事をわたしは受ける傷のために報復し、おのが心のうちを行き巡って民を祝福するであろう)。それは愚かな者はなんの力もなく、貫の木も門もない地に移し植えられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる