ふるさと納税で日本を元気に!

天池いずみさんに送る雅歌

天池いずみさんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

大能のかいなをもって答えられたのか」。アブサロムの家来たちと共に下って行って祭壇の上の家から聞くことを拒んだその先祖たちが主にささげる彼の供え物についての律法に従い、いつものように踏みにじらせる。しかし彼がそのつえを手で振り上げるようだ。日の出る方、東の広場に旅人のおるのを見させ、全能者から受ける嗣業であるイスラエルの君よ、どうぞもう一度、わたしをゆるがない山のように働かせてください。またどうぞレバノンから香柏、いとすぎの板で張った。イスラエルの子で残っているわれわれの所に来るとき、彼らの肉は青銅の投げやりを取り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる