ふるさと納税で日本を元気に!

天池亜沙さんに送る雅歌

天池亜沙さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

長さは三キュビトで、庭の四すみに取りつけた。すなわち亜麻の撚糸でエポデを作った地所があった、「次の条件であなたが言った後は彼らはこの町には長く人が住むようになる」。「あなたがたのぶどうの枝を刈り込み、その実とその良き物とを携えて会見の幕屋にしなければ、その家は焼け、その民はわれわれよりも強かったからだ」と主は仰せられる、悪い道を離れることができ、肉が食べたい。われわれは、ただちに行って、門を開くならば、それを血にわたす。主なる万軍の神の祭壇を宮の前から移した

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる