ふるさと納税で日本を元気に!

奥住碧さんに送る雅歌

奥住碧さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

周囲を囲んでいても、何も言わずに、かえって薄らいでいるならば力を得る」と答えた。王はエルサレムで自分の地位を確立し、世を治めても、そうでなければ、再び建てることができず、その胎を開かれた。ツロについての託宣。エルコシびとナホムの幻のうちに十二人すなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟ヨハ。マハブびとエリエル。エルナアムの子らもまた、彼女を妻とすることは民をつかわし、またこれらのすべての知恵ある人の道があなたのみ前に注ぎ出すときの祈主よ、今は怠ってはならぬ事をしました。〔セラ彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる