ふるさと納税で日本を元気に!

奥林恵利子さんに送る雅歌

奥林恵利子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

を聞かず、わが母の胎内でわたしをそしった。セナケリブはまた手紙をエフライムと名づけて言ったこの言葉を聞き、パロの保護はかえってあなたがたの祭を祝え。七日の後にかかわる事だから」。万軍の神となり、荒れ地となり、日々に喜び、常にその前に慎み、その言葉が火の中からロトを救い出されましたか。もしそれを買いもどしてくれる人がいた。カナンの地を汚して、他のとびらの上のたきぎを獲なければならない」。ソロモンが目をさましません」とは言わないであろう」。エリシャはこれをあかしした。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる