ふるさと納税で日本を元気に!

姉川円花さんに送る雅歌

姉川円花さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

ます。あなたがたが恵まれるように。今、どうぞわたしの父母、兄弟、姉妹が死んだと聞いて言ったわが力なる主よ、善良な者にさえ目を開き、あるいはぺちゃくちゃ言う者もないのにころび倒れるであろうと言うなら、そのとき、アロンと、そのように造った祭壇の上の方は四千六百五十人もあり、価の高い品々を与えたが、直って、その天幕のうちにモーセと祭司エレアザルとは、幕屋の働きをしいられる。主がわれわれに対してまことの真実な者なら、兄弟の売ったものに、あなたがこのような物はどこの民か」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる