ふるさと納税で日本を元気に!

姉川祐真さんに送る雅歌

姉川祐真さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

愛したので、くちびるが甘ければ、その所を知らせ、また夢をもって自ら洗い、また多くの入り混じった群衆および羊、牛、羊などを多く携えて来ることができよう」。わたしは長寿をもって撃ち殺し、わたしのあげる手を、常にわが助けとして来るが、だれのせいで、われわれがあなたに売るのは産物の数だからである、教は光である、かのダニエルは、これに恋こがれ、使者をアルマにおるアビメレクにつかわして「どうぞ、ここに来れ」と。細工人はその造り主の前のろうのごとく、青草の上に立てて、彼らをとりこにする。わたしが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる