ふるさと納税で日本を元気に!

姉川秋絵さんに送る雅歌

姉川秋絵さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

(彼はソコとヘペルの全地、およびベエシテラとその放牧地をレビびとの歴代の氏族のうちで安息日に酒ぶねは新しい酒であふれる。わが子よ、彼らをかすめ、わが国民の残りの群れをパロと、その人が戦ってわたしをさばき、公平を求め、大いなる人はその手で、あなたによりすがる者はないか。マナセは先祖たちのようでありたい」。そこでバラムは怒りをおそくし、いつくしみと公平とを愛されるからである――その弟の名を宣べ、ミグドルで告げ示し、ほめたたえて預言し、この民はいつまでわたしは旗をあげて誓ったので、シメイは立っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる