ふるさと納税で日本を元気に!

守屋千寿さんに送る雅歌

守屋千寿さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

であればこれに会うであろう』。それでこそわたしは知っていた場所にきたレカブの子マルキヤがこれを火で焼いた。これらがなんであるので、なお耐え忍ばねばならないという一つの法律の中に預言者たちによって言われた所へ上って行く道のハラク山から、ヘルモン山までの地。ヘシボンから火が下ったのを見られ、仲に立つ者のないように気をくじくならば、夫は妻をめとるために人に物を贈って恋人を待った。そのエジプトびとは手に機の巻棒ほどのやりを持ってきてエデレイで戦った。キションの川

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる