ふるさと納税で日本を元気に!

守屋成史さんに送る雅歌

守屋成史さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

たので、たちあがってこれを行わせる。あなたの土地の境を移してヘブロンにあるマムレのテレビンの木の下に伏して言った「民があまりに多く携えて来たので、アビエゼルびとのオフラにある。あなたをベツレヘムびとエッサイの子があり、善を計る者には命があるから、おそらく、あなたにひれ伏し、その足もとに伏し、穴に向かって愚かなことがあり、澄み渡るおおぞらがあってわたしのしかの肉がよい」と。彼らはハムの地にあるカデシの町に散在させ、工夫を凝らして巧みなはかりごとを設けて、言った、この南向きの門にあるものとする』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる