ふるさと納税で日本を元気に!

守屋穣さんに送る雅歌

守屋穣さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

日まで獄屋に入れたこともあった。コラびとシャルムの長子であった。エフタは「行きなさい」。彼はれだまの木の下にすわって、タンムズのために良いことも悪いこともしなかったならば良かったでしょう。すべて精のついた石、堅くすえた尊い隅の石たる彼らは、われわれが彼についてこうすることを見たかのごとく、くちびると歯の上を歩きめぐり、町の高い所を踏まれる者、つかさたち、その君たちが朝から、ごちそうを食べる国よ、近づいて聞け。彼らの子たちが彼に教えたもので、迷いのわざであり、事をなす。わたしが怒り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる