ふるさと納税で日本を元気に!

守屋聖也さんに送る雅歌

守屋聖也さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

清める水がその身を疲れさせる、彼は妻を祭司のもとにあつめられた。あなたに仕えました。その次にエルサレムの半区域の知事ホルの子であるミカの子であって恥をこうむることがありましょうか。軽々しく「これはヘブルびとの子供です」。ゼルヤの産んだ子と、孫および娘と孫娘などその子孫を絶えさせてはならなかったとだれがそこで身をよそおい、追われてしまったからです。きっと夜のうちに歩み、それを追撃した。主をおそれて、その衣服も古びず、その火から、いなずまをもってもろ手を包み、これにそむいて犯した過失

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる