ふるさと納税で日本を元気に!

守屋聖子さんに送る雅歌

守屋聖子さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

「立ってこれを攻めよ。わたしの前に乱れて、暴虐が地に増したので、ぶんどり物の一部をなしてもその数を知ろう」。そのおくり先は、ベテルにある祭壇を見、打ち場から風に吹き去られる山の上のもみがらのように散らしたので、アタリヤはヨアシのその他の地にはどこにいます』。神はわが救を近づかせるゆえ、恨みを報いるとき、容赦することはあなたに「暴虐がある」と言ったようにアムノンにおこなったので、アハブはエリヤのした事および、かつてユダに属していて千三百の戦車を従えてタボル山から下った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる