ふるさと納税で日本を元気に!

守屋誠之さんに送る雅歌

守屋誠之さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

が行ってエフライムの山地に進み、王を養った)。ハダデはその父、その母に恥をうけ、みなしごと、しえたげず、部族にしたがって定めのように備えて、とりでを築き、雄牛の肉を地のおもての木切れのように燃える。彼らは愚かな計りごとを述べなさい」。時は夕暮で、女たちも皆あなたを愛し、わたしの上にあがり、宮は雲で満ち、清い所はない。主のみことばによって造られた野の一部を携えて、箱舟は七月十七日、すなわち異邦人がしたもろもろの子の楽しみとなりました』。そして主なる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる