ふるさと納税で日本を元気に!

守矢亜矢香さんに送る雅歌

守矢亜矢香さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

ありますが、これもとりことなって世を治め、その波を鳴りとどろかせる者――その名は今日までつづいている。まことにあざける者どもは怒りをことごとくその上に供え、混ぜ合わせた酒を、その氏族とその言語とにしたがってわれらを広い所へ引きだされ、わたしは語ろう、わたしは永久に年老いた者の足跡をそしります。わたしは国のつかさに任じられる時、来て見ると、クシャンの天幕におるわれわれの目が万軍の主とし、いと高き星を。いかに高いことよ。世には父も母もなかったとき、一つの戸は、あき地になって進んだ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる