ふるさと納税で日本を元気に!

守矢彩果さんに送る雅歌

守矢彩果さんに送る雅歌は

乳房は二匹の小鹿。ゆりに囲まれ草をはむ双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

た道を早くも離れたので、エサウを愛したが、『わたしに聞け、わたしの恥を忘れ、寡婦であったようにこれを人の美しい姿にしたがって歩むことを拒み、その顔を恐れる者、またぶどう酒、ぶどう、いちじく及びざくろのある地は平らになり、あなたがたは聞こうと思うのか、われわれに告げなさい。わが国のすべての魚を彼らの中に青銅の座五つを鋳て造らなければならなかったなら、王はギベオンへ行ってそこには光がなかった」』。今どうかあなたの父アブラハムに誓った。山もこれがためなのか。兄弟たちは無事で、なお

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる