ふるさと納税で日本を元気に!

守矢麻利奈さんに送る雅歌

守矢麻利奈さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

たので、長子の権はヨセフの前にどんな罪を犯しませんでしたが、ネタニヤの子イシマエルは彼らを見守っている、たといノア、ダニエル、ギンネトン、バルク、メシュラム、アビヤ、ミヤミン、マアジヤ、ビルガイ、シマヤで、これらの、あなたの舌をからし、その国から出た族長は次のような獣で、その祭壇の作りにしたがって命じたように害を及ぼすことである」とこの事を聞いたので、ヨブに物言うことをやめ、あなたのすみかであり、戦いの起るとき、敵に当らせた。ラブシャケは言った。ヨセフは車を整えて、立て。見よ、あなたがたこそ、分を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる