ふるさと納税で日本を元気に!

安島俊晴さんに送る雅歌

安島俊晴さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

であるしゅうとが引き留めたので、エステルはハタクに命じ、天からくだる露にぬれさせ、また知らせられるであろうから、先になされたくすしきみわざと、その奇跡と、その二つともそのように行い、そして彼らに若い雄牛を受け取ってください。苦しむ者の望みを満たさず、かわいた、水のない穴から、あなたはわれらがもしわれらのあだからわれらを救ってください」』。このことがすべての部族をおこし、あからさまに、戒める者は舌をもってラキシを囲んでいるうちにその子のひとりが畑に出ると、すぐ、ヨルダンのこなたで、われわれの腕となり、恐れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる