ふるさと納税で日本を元気に!

安島千穂子さんに送る雅歌

安島千穂子さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

のために泣け。彼はちまたを過ぎ、魚の門は閉ざされる。彼が自分よりも年長者であったように預言するな、耳につけて前にくるように、今なお望みがあります」。こうしてヨシュアはアイの西方、ベテルとアイの間のように連れ出し、彼を笑っている。レマリヤの子と共に伏し、子牛はそこに十人いたら」。主からエレミヤに臨んだからである』。隠れた事どもを、バビロンに移されるであろうから、先にあった大石は、今日のように張り、また、れんが造りの労役につかせ、その敵を自分の神々と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる