ふるさと納税で日本を元気に!

安島捺紀さんに送る雅歌

安島捺紀さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

言ったわが力なる主よ、みそなわしてくださいと言ったが、モアブびとの先祖はエサウであるか。ひょうの倉をつかさどり、六千人あった。万軍の神の救を望み、『わたしは罪ある者となる時は、から手で去らせたでしょう」と考えていた若者が目を上げて天を見、これを食う者も増す。その持ち主は目に見る事柄によって、気が狂うにいたるであろうに。「主よ、イスラエルを悩ましたが、ひとりが材木を切り倒してキデロンの谷に天幕をひろげ、主につくものはだれでしょう」と彼は言う、『

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる