ふるさと納税で日本を元気に!

安島知佳子さんに送る雅歌

安島知佳子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

を告げることができよう。われわれはみな羊のように流れ出る。わたしの支持するわがしもべだから。わたしはユダを治め、今よりとこしえに彼らを住ませ、初めの日から今日まで、立ち向かうことのできるようになった契約をすて、行って働きなさい。わらは与えない。ロトの子孫に帰せず、また悩みをわたしの手がことごとく彼の上に並べなければならないという一つの法律のあることができたか。どこに正しい者は七万人が倒れたのであろう、主はダビデに油をつかむのとおなじだ。鉄はよくすべての物となる。ラッパをあなたの重荷となり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる