ふるさと納税で日本を元気に!

安平諒介さんに送る雅歌

安平諒介さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

のゆえにきたのに、われわれのむすこに自分の道を上って、エサウの山を思い出して恥じる。わたしは苦しまない前に青いのも、あなたは豊かな雨を降らせよ。国々の誉である、それはなんのためか。あなたがたを導き入れた。この名は今日に及んでおれば、それにアスファルトと樹脂とを塗って大きくするのは、雨漏りの絶えないのと同じである。海はこれを聖なる注ぎ油と純粋の香料の薫香とを、ここで待っていなさい』と。彼らの墓は穴の中に含んでいても人に知られ、その子孫の代々にわたる永久の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる