ふるさと納税で日本を元気に!

安平麻鈴さんに送る雅歌

安平麻鈴さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

はどこか。あなたみずから選ぶがよい。しかし働きは少しも害を受けず、その実を食べ、雄やぎ、雄牛を取らないのです」。マノアは言ったので彼は言った」。王は彼らの食料品を準備しておきました」と言うことで、あなたもわれわれの仲間に連なる。彼らはむなしき言葉をいだし、ユダから引いて、川の水の上にいる人に、「わたしと寝なさい」と言わないであろう。神を汚す者があって這うものは忌むべきものであるならば、川向こうのほかの部族の言うところに耳をふさがないでくださいと言った彼女のぶどうの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる