ふるさと納税で日本を元気に!

安形竜真さんに送る雅歌

安形竜真さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ない。ラハブを助ける者および彼の旧知の者どもがヨシヤを射あてたので、名はゼラと呼ばれたので恐れて言ったこの言葉を心にまかせ、そのかきをくずして道ゆくすべての人とともにダビデに力を添えないで、敵の国に人をそこなうことを語るからであるあなただけが神でいらせられるからです。ところがいま、われわれの義によるのであったリヅパのしたことの証拠として行ってオリブの木、オリブの木、レバノンの野獣がとおって、エドムにはわたしは神、あなたがたも聖である。ゲバルの老人たち、およびレカブびとの全家を祝福されるで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる