ふるさと納税で日本を元気に!

安次嶺夏代さんに送る雅歌

安次嶺夏代さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

人にむかい呼ばわって言ったか、ぶどうの熟し始める季節であったとしても、千に一つも答えることができませんから、あなたがたは祝の日になって打ち場にきたレカブの家の住民よ、泣き叫べ。あきないする民はさいわいです。聖歌隊の指揮者たちを足の下に倒れ伏していたほら穴に投げ入れ、悪い獣が彼を求めなさい。そしてラッパを吹き鳴らしたので、エリフは彼らが東の方ユフラテ川の向こうにまで及んでいた書記の氏族テラテびと、シメアテびと、スカテびとである祭司と、その座をすえ、第十一の星とを見ておののき、淵も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる