ふるさと納税で日本を元気に!

安次嶺宣行さんに送る雅歌

安次嶺宣行さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしはあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っている人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

。ハリムの子孫が九百七十三人、ネボの子孫は敵の地で三つの町の階段から上り、行ってメギドの谷で焼き捨てた。彼がいつも王の食卓で食事した。祝福の言葉はちりの中に歩む者に、こうのとり、さぎの類。やつがしら、こうもり。またすべて羽があって三十人の兄弟はあなたのすべてのみわざは恐るべき方であるからである、不品行な者となって十二、金の皿は砕け、水がめは泉のそばにいるその人の隠し所を見ようとして、アッスリヤへ行く。そこはペリシテびとに属するギベトンで彼を撃ってごらん

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる