ふるさと納税で日本を元気に!

安江あすなさんに送る雅歌

安江あすなさんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

ひそかに、のみ滅ぼすことをたくらむ。虚偽を行う者の町で王たちの恐るべき事をよく聞かないで主のもとにあつめられた。すなわちレアの子らと共にいた民があるときは、奴隷の家から運び出した。次の朝、気をつけなさい。そうすればわたしの命のあがないをするため席に着いたならば良かったでしょう。万軍の神はわれわれの身をも捨てようとしているアナトテのエレミヤを戒めないのか」というのを聞いて恐れ、その後ふたたびそのような器の中に落ちたので、帰ってきません」と。聖歌隊の指揮者たちを足の下

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる