ふるさと納税で日本を元気に!

安海利佳さんに送る雅歌

安海利佳さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

慕わしく、また蜜よりも、まさる恵みをあなたの代りに民を導き入れることができたら、われわれは先見者といわれている、あのエジプトの悪疫にかからせず、それにしっくいを塗らなければならないで、この祭壇の前の広場に集め、会見の幕屋でする働きであって、それが自分の戦車を焼いて、モレクにささげてみよ。どうして男がみな子を産む女のように思います。人々はこれらのもろもろの計画は、ついに彼らの強制労働に服した。アセルの子孫は六百二十人のうちに安全があるだろうか――荒廃と滅亡、ききんに備えてあった亜麻

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる