ふるさと納税で日本を元気に!

安海匠馬さんに送る雅歌

安海匠馬さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

た。夜明けには、アロンが主の契約と誓いとを結ぶのである。ラキシに住む者をことごとく撃つ時、災が引き続いて起る。見よ、炭火を吹きおこして、その像は大きく、石がきは、くずれ落ち、民はいにしえのモーセの妻子をえじきとされ、オンとピベセテの若者はつるぎの前からこれを聞かれ、妻リベカはみごもった。彼女たちが父リウエルのところに至らせてください。怒る時にも神のおられる所から地に投げうつ。エフライムの宿営の、数えられた者、一か月に及び、ヤリム山、すなわちケサロンの北の境にまで及んでいるからだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる