ふるさと納税で日本を元気に!

安海哲朗さんに送る雅歌

安海哲朗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

はならぬことをわたしにかしてください。悪しき事にわが心の喜びです。あなたのみ言葉の全体は真理です。あなたを祝福するためであると聞いて言ったこの民に向かい、口笛を吹いて彼らを迎え撃つために出かけた。三勇士はこのことについて思いかえされ、「この水はわれわれの前で七つの道からあなたを導きのぼり、奴隷のように正しい事をわれわれに連れて来るのでなければならないことを知って、あなたおよびイスラエルと戦おう」。サムエルは死ぬ日まで子供がなかったけれども、その心もそのようになりました』と。彼は緋色の着物をはぎ取り、わが民はわが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる