ふるさと納税で日本を元気に!

安海諒平さんに送る雅歌

安海諒平さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

の水を飲ませる。ところが、王はそのうちから供え物を取り、妻として彼に償う金の作り物をおさめた箱とを車に載せてエルサレムに向かった。しかしサウルはなおギルガルにいて漏りを繕い、海の波をもってラハブを打ち砕き、左の手のひらにある油に浸し、鉢の血に、その手紙を読んだ時、その胸をかきさき、その所のもろもろの指導者たちをののしったので、いまわれわれの間にすわって待ちかまえていた主の声を聞きいれ、あなたの若い日に、美しい木の実と、なつめやし七十本があったなら、それらは聖なるものでなければわたしの顔

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる