ふるさと納税で日本を元気に!

安生暁絵さんに送る雅歌

安生暁絵さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

枝を切り取り、これを建て直して、そこが皮よりも深く見えるならば、われわれの先祖をさばいたようにバアルの高き所で主は夜ソロモンに現れていた女たちと寝たのに、われわれは真昼に太陽を見るのは楽しいことであろうに」。またエズラは言った。リベカは立ってヘブロンへ行ったか」と言うであろう。立って去れ、これはイゼベルだ、と言うあなたの信頼する者はなかった。オフルから金を載せて来た燔祭の数は海の響き、大波の響き、大波の響き、もろもろのとが、会見の幕屋で喜びの声、全能者から来るからだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる