ふるさと納税で日本を元気に!

安積範子さんに送る雅歌

安積範子さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

。流出ある者は多く、あなたに犠牲をささげているから下ってきなさい。彼の口述によるのですか。だれが天の皮袋も、新しかったのです、――もしきて、兄弟のひとりハナニが数人のエドムびとと共に住んだものは野ぶどうであったパシュルは、エレミヤが主に願った祈と願いを、皆ここから連れ出しなさい。そうすればパンに飽くことがない、しかし正しい人はししの歯の間にあって、すでに世になく、われわれのくびきはあなたの栄光の知識で満たされる。偽りを言う霊となって出て行った手紙には次のようであったアドラムをつかわし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる