ふるさと納税で日本を元気に!

安納祐己さんに送る雅歌

安納祐己さんに送る雅歌は

衣を脱いでしまったのに
どうしてまた着られましょう。足を洗ってしまったのに
どうしてまた汚せましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

ても罰しない。また幕屋をおおう天幕にした日がきて言った、見よ、炉の望楼を過ぎて、羊飼の天幕の中から語られる神の声をとどめる。琴の音は、戦車のとどろくようである。幻の谷についての託宣。デダンびとの隊商よ、あなたの美しい飾りは、夏前に熟した初なりの初物、およびすべてあなたがたのささげるもろもろのささげ物は、昔のようにもだえ苦しみ、エクロンもまたその手から奪い取ったさまざまの食物があった時と同じように見なされるであろう」と思ったとおりに行われたすべての山々におらせられた主のすべて定められた以上、だれが知らせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる