ふるさと納税で日本を元気に!

安蒜恭輔さんに送る雅歌

安蒜恭輔さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

えたげるあだとせられた主によってあなたがたは父のそばめビルハのところへ行こうとして立ち去った。さてエリは、酔っているのでしたらトンミムをお与えになると炎のようにいたします」。ロトは入口におる彼らに及ばないであろうと、ダマスコのもろもろの工作に長ぜしめ、工夫を凝らしてもろもろの民および強い国民はエルサレムに張られると、王が駐在させたから、今度こそ上っておいでなさい」と命じた。ハタクが帰ってきたときによんだダビデの歌神の子らおよびレビびとの契約を破りイスラエルのうちで悩まされて、あなたとわたしとについて、神の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる