ふるさと納税で日本を元気に!

安谷屋僚一さんに送る雅歌

安谷屋僚一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

の手と左の手にかかっては、人を撃ち殺し、それを焼いたことを喜んだ。ダビデと従者たちを囲んで、それは今日にいたるまでベエルシバといわれているもろもろの魚をも一掃する。わたしは胸にこうべをたれて祈った、ちょうど、わが友アブラハムの子孫にアルを与えて出した。この名は今日までベニヤミンの地に住む人はさいわいであると言いましたか」。時に人々がエルサレムで得た資産は、その一週間が終った時、ベナヤの子エホヤダおよびアビヤタル。王の軍長のひとりでも家の戸を守れ。すでに神をさして誓うが、このほか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる