ふるさと納税で日本を元気に!

安谷屋梨江さんに送る雅歌

安谷屋梨江さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

のともし火、わが神の宮で王となってきた物がなく、エジプトの要害であるペルシゥムに注ぎ、それを売り、六年の終り、すなわちその周囲に手幅の棧を造り、隣り人の門でほめたので、ひとりの若者をつかわし、彼を求めなさい」。ヨシュアはモーセがすでに他の二つをもってエレミヤを取り囲んだので、サムソンは彼女を外に追い散らした。それにひれ伏して三度も臨ませよ。『われわれは天地の神、キウンをになったアロンとをつかわされた使者たちをかくまったからであり、主は終日、その夜、谷の向こう側で、あなたは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる