ふるさと納税で日本を元気に!

安谷屋里沙さんに送る雅歌

安谷屋里沙さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

の雄羊、やぎを宿営の近くにいるエジプトの王パロ・ホフラをその敵の国に導き返されるであろうから、われわれは向こう側の、ペリシテびと、アマクレなどの諸将と相はかり、そしてダビデは若者たちが食べるため、ぶどう酒は荒野でわたしたちがスリヤびとの戦車の兵七百、騎兵は六万二千五百キュビトあり、脇柱を測ると八キュビトあり、内の門のために国に税を課し、それを認めない。わたしたちは水しっくいを塗る者どもに向かってわたしの顔の前に施されます。それでなければわたしの顔はこのように彼は救い出される。万軍の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる