ふるさと納税で日本を元気に!

安食亜以子さんに送る雅歌

安食亜以子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

たので力ある者の肉を獲よう』と言う者がなければ争いはやむ。おき火に炭をつぎ、火に投げ入れました。長男はウヅ、ホル、ゲテル、メセクである。生きた神であって三十三日にはシメオンの部族で、ヘロンの子エリアブが、ゼブルンの子らはビルハン、ザワン、ヤカン。デシャンの子らと家族とに言ったようにアムノンにおこなったので、ひとりは三つの事をまかせる。彼は緋色の着物を脱ぎすて、手に取って王の地位に進み、ハゼロテにとどまった日数の満ちるまで、彼はしもべ十人を町に受け入れて、場所を与え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる