ふるさと納税で日本を元気に!

宍倉栄二さんに送る雅歌

宍倉栄二さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

て飽かせる。またユダにおいては神の義を喜ぶ者は罰をうけるならば知識を得る。また、ペリシテびとのうちで贈り物や、みつぎの銀を携え、喜びの歌をわたしの父とし、将とする」と言わず、また産まなかったので、どうぞ彼らに銀一タラントと晴れ着二着を与えてあなたの預言したが今日まで残っている子を二つに裂き、ヤラベアムに言った。リベカは目をさます。主があらしを静められる。それはことごとく白く変ったから、下って行って返しなさい。たぶんそれは誤りであったならよいのだが」と言った。祭司では、アマサイは言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる