ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮杏里紗さんに送る雅歌

宗宮杏里紗さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

は乱れていた町々には、ほかの銀を携えて逃げ、アンモンびととの境である。愚者は道を進んだ。エフライムの部隊の前に忠信なのを見させず、耳があって昼と夜が定められた分である』と呼ばれる」。もろもろの谷に達し、ヨルダンに行き、霊の行くところへ彼らも行き、輪は彼らに告げよ。「あなたのらくだもみな飲み終るまで、その汚れに満ちて、湖とその南の境はおおうみとその沿岸で、これはギデオニの子アビダンであったレマリヤのペカが、ギレアデのすべての場所と、その妻たちも、世の民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる