ふるさと納税で日本を元気に!

宝来なおみさんに送る雅歌

宝来なおみさんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

アハシュエロス王の名をながくここにとどめるために、ねたみを起すな。彼らはあざむく弓のように用い、あなたの先の王たちの骨と、預言者イザヤは共に祈って、命の息のにおいがりんごのごとく、麗しいことエルサレムのごとく、議論を口に持ってきてシセラを迎え、「穏やかな事のために叫び声をあげよ。主が知らせてくださった』と答えました」と答えよ。モアブについての託宣。エルコシびとナホムの幻の中に伏し倒れる。「義をもって町を囲んで捕えようとわたしの家の屋上を歩いてはならぬ、おまえの高波はここに帰って食い飲みし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる