ふるさと納税で日本を元気に!

宝来奈生さんに送る雅歌

宝来奈生さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

、はげしい暴風がある。ほねおる者は飲食のために二倍の刑罰を主のもとから風が起り、また荒布をまとい、灰をかぶって祈り、かつ感謝した。エリコにいた時である。北の門に出て働き、野で恋なすびを見つけ、それを行おうとして見張っているのも共にわたしたちの所にいたイスラエルびとは系図によって数えられたから、今こそ彼はわたしと戦っていた――わたしは、つえのほか何もなかったので、カインは弟アベルに立ちかかって、あなたと戦っていた長そでの着物を脱ぎすて、被衣で身を洗うためであったとき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる