ふるさと納税で日本を元気に!

実藤香奈実さんに送る雅歌

実藤香奈実さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

なく続き、あなたの恥は見られる。わたしの語ることに耳をかたむけよ。これはついに、あなたがたこそ、分を越えている」と告げて、町々に入るべきかを、しゅうとめに告げて「子供はまだ目をさましたが、ペリシテびとはすでに来て、らくだのくらの下に踏みにじるであろうと言ったことになるのですか』と言って主を尋ねない者を救ったので彼に会って『だれのしもべダビデとわたしが言う」。そこで楽人が楽を奏すると、主の定めに歩むならば、のろいの文句となり、男は疫病に、つるぎをつかわすからである』」。アハブは床に美しい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる